circle-image-groupwork

忍耐強い、戦略的投資手法

当社の大きな差別化要因は、その忍耐強い戦略的投資手法が当社の顧客投資家の利益に適っていることです。

当社はリスクを重視しつつ、優良なポートフォリオの構築を通じて優れた運用成果を上げることに全力を注いでいます。投資に対して忍耐強く、慎重に、長期的な視点で臨んでおり、長期的に持続可能な方法で投資への付加価値を高めることに真摯に取り組んでいます。

インフラ投資の専門家で構成される当社グローバル・チームは、幅広い専門性、知識、経験を有しており、長期的に力強く一貫したパフォーマンスの実現を目指して、目的を共有する投資家のために投資戦略を追求しています。

投資原則の遵守:

IFMインベスターズは、インフラストラクチャー、デット投資、上場株式、プライベート・キャピタルの4つの資産クラスにおいて資産を運用しています。インフラ投資の専門家で構成される当社グローバル・チームは、幅広い専門性、知識、経験を有しています。長期的に力強く一貫したパフォーマンスの実現を目指して、目的を共有する投資家のために投資戦略を追求しています。

  • 資産運用に対する忍耐強い戦略的なアプローチ
  • 投資に対する長期的な時間軸
  • 顧客投資家のネット・ポジションの最適化
  • 競争力のあるフィー構造とインセンティブの適切な調和
  • デューデリジェンスとバリュエーションに対する厳密で一貫した投資手法
  • 責任ある投資の重視

責任ある投資

IFMインベスターズは、投資先企業におけるガバナンスの重視は、長期的により優れた運用成績につながるとの信念の下、責任ある投資に注力しています。責任ある投資に関する原則は、IFMの投資意思決定プロセスに組み込まれており、環境・社会・ガバナンス(ESG)に関する社内ポリシーに基づき、グローバル・レベルでの最良執行を採用しています。また、国際連合の責任投資原則(PRI)にも積極的に取り組み、2008年以来PRIに署名しています。

責任投資に対する当社のアプローチは、世界的な合意を得て人権、労働基準、環境、ガバナンスの分野における一連の中心的原則を促進する国連グローバル・コンパクトと一致しています。当社はまた、ESG リサーチ・オーストラリアおよび気候変動に関する投資家団体(Investor Group on Climate Change)の会員でもあります。